You are here:home»土地・建物»家賃保証は、賃貸オーナーにとってどんなメリットがあるのか?

家賃保証は、賃貸オーナーにとってどんなメリットがあるのか?

On 2020年1月26日, in 土地・建物, by admin

賃貸オーナーにとっての大きなリスクは何かご存知ですか。入居者の家賃滞納は、賃貸経営にとって大きなリスクです。そういったリスクを軽減するため、家賃保証というシステムがあります。
家賃保証とは、家賃収入が滞ることのないように、滞納が発生した際、家賃保証会社が入居者に代わってオーナーに対して家賃を支払う(立て替える)仕組みであり、家賃保証会社は入居者に対して支払いが遅れた原因を確認のし、立て替えた家賃を請求するしくみです。フォーシーズなどのように、支払いが困難な入居者を手厚くサポートする保証会社もあります。

オーナーのメリットとしては、賃貸経営を行う上でのリスクである家賃滞納を防ぐことができ、安定した収入を得ることができることでしょう。さらに、滞納に対する支払い督促などの労力が軽減されるとともに、入居者との家賃滞納による関係悪化も防ぐことができます。また、家賃滞納のリスクが軽減されることから、入居者の募集要件を緩和できることで入居しやすくなり、空室リスクを減らすことができるかもしれません。

ただ、家賃保証会社を入居者が選択する場合は少なく、仲介する不動産会社などが代理店になる形式が多いようです。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>